MENU

【写真】保阪尚希の再婚相手?現在の嫁は石川加奈子とは事実婚

保阪尚希の再婚相手?元妻だった高岡早紀との馴れ初めは?結婚会見?石川加奈子?離婚理由が布袋寅泰

保阪尚希は、高岡早紀さんと結婚していました。ただ、性格が合わず、また不倫騒動があり離婚してしまいましたね。

保阪尚希も実は2回の離婚を経験しているのです。


そんな保阪尚希さん、現在は石川加奈子さんと熱愛関係にあるそうです。

現在の保阪尚希の再婚相手はいるのでしょうか。

保阪尚希との結婚、布袋寅泰との不倫についてお伝えしますね。

項目内容
名前保阪尚希(別名義:賀来聖良)
生年月日1967年12月11日(56歳)
出身地日本・静岡県静岡市
身長180 cm
血液型A型
職業俳優、タレント、健康料理研究家、通販コンサルティング
所属事務所有限会社サンクチュアリ
目次

【写真】保阪尚希の再婚相手?現在の嫁は石川加奈子とは事実婚?結婚歴は

【写真】保阪尚希の再婚相手?現在の嫁は石川加奈子とは事実婚?結婚歴は
引用元:twitter

保阪尚希の再婚相手は石川加奈子?結婚歴は

保阪尚希の再婚相手は石川加奈子?結婚歴は

保阪尚希は再婚していません。高岡早紀と離婚後に再婚はしていないんですね。2度の離婚を経験しています。

ただ、2018年に事実婚の妻がいることを「今夜解禁!ザ・因縁」のテレビの公開しています。

 過去に2度の離婚を経験している保阪だが、36歳のときにレースクイーンだった石川加奈子さんと出会う。当時25歳だった加奈子さんは吉岡美穂と二分する人気者だったが、保阪と交際後芸能界から身を引き同棲を開始した。

引用元:保坂直樹の再婚相手14年間同棲する元レースクイーンとの“いびつな関係(スポニチ)

石川加奈子は芸能界を引退し、同棲開始

石川加奈子は芸能界を引退し、同棲開始

当時25歳だった石川加奈子さんは吉岡美穂と二分する人気者だったようです。ただ、保阪と交際後芸能界から身を引き同棲を開始した。

保坂直樹が36歳、石川加奈子さんが25歳のころからの交際なのでながいですよね。

ただ、保坂直樹との交際が発覚したと同時に石川加奈子は芸能会を引退しているようです。

保坂直樹は同棲後、完璧な女性像を求める石川加奈子に礼儀作法を厳しく教え込んだそうです。

男女の関係が師匠と弟子のようないびつな関係になり、気づいたら14年が過ぎたと言います。

石川加奈子と保坂直樹は再婚相手ではなく事実婚?

保坂直樹は下記のコメントをのこしています。

今も付き合っているかの情報は不明でありましたが、事実婚なのでなかなか別れることはできないでしょうね。

2018年保坂直樹は4月下記のコメントをのこしています。

「加奈子がいなかったら今の僕はいない」「(加奈子を)一番信用している」

石川加奈子と保坂直樹は再婚相手ではなく事実婚?

石川加奈子さんも加奈子さんが顔出し出演していたため、コメントがあったのですが、結婚には興味がないらしく事実婚のままで結婚をするつもりはないのですね。

「本当にクソジジイと思ってきた14年間」「1個言うと1000個くらい返ってくる」とウンザリな様子だったが「婚姻届はまだ興味がないです」

現在、事実婚が急増しています。改姓が不要だったり、密な親戚付き合いが必要なかったりと、法律や家に縛られずにパートナーと家族になることができる点が大きいようですね。

男女の関係が師匠と弟子のようないびつな関係になっていたけど、人生のパートナーとしてはとても大切な存在なのがわかります。

 4月6日放送の『今夜解禁!ザ・因縁』(TBS系)に俳優の保阪尚希(50)が出演。14年間隠し続けた事実婚の女性が、保阪との関係に決着をつけるべく、顔出しでスタジオに登場した。

引用元:保阪尚希、年商10億円の陰にの女性(日刊大衆)

まとめ【写真】保阪尚希の再婚相手?現在の嫁は石川加奈子とは事実婚

いかがでしょうか。

保坂直樹は魔性の女性と結婚していたため、真面目に見えるところもありますが、やはりイケメンで2回の2回の離婚がありました。

なぜ事実婚なのかはわかりませんんが、石川加奈子とはこれからの人生を共にすごしそうですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
芸能と音楽をを追求しつづけるメディアです。東京都内に住んでいます。アネックといいます。
子供の頃から芸能・音楽・テレビっ子でした。ですので昔の芸能音楽や芸能の知識は自信があります。好きな芸能ニュースに自分の見解をいれますので意見もいただけますと幸いです。今だけでなく昔の芸能もお伝えして楽しんでいただければと感じます。とくに皆さんが興味をもってもらえるような懐かしい気持ちに浸れるメディアとしたいと考えています。

目次

コメント

コメントする

目次