MENU

【画像】木村秀夫は木村拓哉の父親?キムタク父の職業は盆栽カフェの店の場所?写真集?家族構成や両親出身地を紹介

【画像】木村秀夫は木村拓哉の父親?キムタク父の職業は盆栽カフェの店の場所?写真集?家族構成や両親出身地を紹介

木村拓哉(キムタク)の父親・木村秀夫についてのお届けします。

一木村拓哉(キムタク)の父親・木村秀夫は盆栽カフェのオーナーなのでしょうか、川島織物やイタリアンレストランが職業だったのでしょうか?

 この記事では木村秀夫さんの職業をはじめ、キムタク家の家族構成も紹介していきます。

国民的スターの木村拓哉(キムタク)とは一体どのような人物なのでしょうなのか気になる人も多いですよね?

そこで今回は木村拓哉の家族構成や父親について調べてみました。

木村拓哉はレジェンドだけに家族や父親も招いた犠牲もあるようですね。。

項目内容
名前木村拓哉
生年月日1972年11月13日
国籍日本
出身地東京都調布市
職業俳優、歌手、タレント
活動期間1987年 – 現在
配偶者工藤静香
目次

【画像】木村秀夫は木村拓哉(キムタク)の父親で両親出身地や家族構成や写真集

木村拓哉の父親は秀夫?両親出身地は?家系図や家族構成を紹介

家系図や家族構成を紹介?両親出身地

アネクス

木村拓哉さんの4人家族の長男で、兄弟は弟さんがいます。木村拓哉の家族構成はこちらです

両親の出身地は千葉とおもわれます。木村拓哉は千葉県千葉市美浜区ですからね。

両親の出身地も千葉県の可能性ありますね。

関係名前
木村秀夫
木村方子
本人木村拓哉
木村俊作

木村拓哉の父親の名前は「木村秀夫」でハンサムな画像?

木村拓哉の父親の名前は「木村秀夫」でハンサムな画像?

父親の名前は「木村秀夫」さんといって、2024年は75歳を迎えると言われています。

写真などは見つけることができませんでしたが、木村さんは父親似だそうですのです

アネクス

木村拓哉は両親と似てないとうわさがあるが父親はハンサムらしいです。実際には画像を見てみると面影はあり似ているようにみえますけどね。

上記が木村拓哉の父親の写真といわれていますが、真実はわかりません。

ただ、木村拓哉は父親には似ているようです。とてもハンサムな方な

木村拓哉は父の木村秀夫は真面目

木村拓哉は父の木村秀夫は真面目

父親の性格はとても真面目で厳格だそうで、木村拓哉さんが芸能界に入るときも大反対したそうです。

厳しく躾けられていたため幼少の頃は父親に頭が上がらなかったそうですが、思春期に入ると取っ組み合いの喧嘩になることもあったのだとか。

結婚にも反対していたそうで、できちゃった結婚をした際には激怒し、親子関係が悪化して現在では疎遠になっているそうです。

当時のインタビューで工藤さんは『30歳までには結婚して子供を産みたい』と語っていたそうです。

お2人が結婚されたのは当時木村さんが28歳のころ、工藤さんはちょうど30歳のころでした。

これは工藤さんの策略結婚と報道されても仕方ないようにも感じられます。

木村さんの父、秀夫さんは昔ながらの厳格な性格と言われてたのでできちゃった結婚をしてしまった木村さん夫婦をあまり良く思えなかったのではないでしょうか。

木村拓哉の父が写真集を発売?

木村拓哉の父が写真集を発売?
アネクス

1992年頃〜1996年まで川島織物という老舗大手織物メーカーで働くサラリーマンでしたそんな木村秀夫さんですが、あることがきっかけで騒ぎになりました。

木村秀夫さんが1996年12月に村拓哉さんの写真集を販売したことでした。

販売は務めていた川島織物の関連会社である『川島インターナショナル』から販売され、ジャニーズ事務所の許可も取っていなかったそうです。

木村秀夫さんとジャニーズ事務所が揉めたんだとかいいます。

原因かは分かりませんが、1996年に会社を脱サラし、レストランの経営を始めました。

お店を経営していたころは妻のまさ子さんと二人三脚で経営していました。

キムタクは弟とも絶縁しているといわれますよね。。。。

木村秀夫は木村拓哉の父親の職業は盆栽カフェだった店の場所は?

木村秀夫は木村拓哉の父親の職業は盆栽カフェだった店の場所は?

木村秀夫の職業は?

アネクス

キムタクの父親の職業です。

項番内容
1大手織物メーカーを脱サラ
2レストラン『ラ・ボニータ』をオープン
3盆栽カフェを経営

父親はサラリーマン時代から料理人と転向し今はカフェを経営されている秀夫さん。

木村拓哉のマルチにこなすセンスは秀夫さんから受け継いだものなのかもしれませんね。

職業は川島織物を脱サラ

は会社勤めのサラリーマンでした。

木村拓哉さんが幼い頃に大阪府に住んでいたというのも父親が転勤族だったことが理由のようですね。

木村さんが3歳のころまでは大阪に住んでいたそうです。

当時は『川島織物』という大手の織物メーカーに勤めていたという木村拓哉さんの父親です。

レストランをオープン

レストランをオープン

1997年10月に夫婦でレストラン『ラ・ボニータ』をオープンします。

店名は木村拓哉さんが当時飼っていた、犬の名前「ボニータ」からのようです。

このボニータにはスペイン語で「きれい」「可愛い」の意味があるんだとか。

木村拓哉さんが子供の頃の、愛犬の画像がこちらです。

レストランをオープン

レストランは閉店

スペイン語の意味通り、きれいで可愛いですね。レストランは優しい味で美味しく人気があり、木村拓哉さんのファンも押し寄せ大繁盛していたそうです。店舗も東京都と神奈川県に1店舗ずつ構え、大人気でしたが2005年に閉店。

木村拓哉(キムタク)の父親は「ラ・ポニータ」という名のレストランを経営し、東京都と神奈川県に一店舗ずつ、計二店舗を構えていました。本格的なイタリアンが味わえると料理人としても高評価だったそうです。

木村拓哉の父親はリニューアルした新しいレストランをオープン?

レストランは閉店

同年9月にリニューアルされ夫婦で『リストランテ いな田』というイタリアン薬膳レストランを神奈川県でオープンしました。

 こちらも大変人気で、2009年10月20日まで経営していたそうですレストラン経営への思いの強さがうかがえますね。

実は、木村拓哉さんが、現在の奥さまである、工藤静香さん、とご結婚される前にお付き合いされていた女性の方が、そのお店を手伝われていらっしゃったこともあるのだそうです。

自分の店を構えた木村拓哉さんの父親でしたが、このことは瞬く間に世間に知れ渡りお店にファンやマスコミが押し寄せ大パニックになってしまいました。

やはり木村拓哉の父親が経営するお店としても話題性が高かったのではないでしょうか。

そのストレスからか父親は体調を崩し働けなくなってしまいました。

木村拓哉の両親も離婚したとの噂がありますが、離婚はしていません。

ただ、木村拓哉の父親が体を壊したのをきっかけに母はちょっと謎めいた行動をとるようにはなったようです。詳しくはかきで説明してます。

盆栽カフェを経営している

盆栽カフェを経営している

木村拓哉さんの父親は、現在東京都内で一人で盆栽カフェを経営しているのだそう。昔ながらの厳格父さんと呼ばれるほどの秀夫さんならではのご趣味なのかもしれませんね

8月に解散を表明したSMAPの木村拓哉の実父が、盆栽店をやっているのです。もともとはサラリーマンだったそうですが、奥さんと飲食業に転じたのち、数年前からカフェを併設した盆栽店を営業しています

盆栽教室を体験された方も、『わがまちジャーナル』で盆栽の良さを次の様に言われています。

樹齢何十年もの木が小さい鉢にある、小宇宙感のような楽しさがある努力や丹精で変化するものなので、こだわりを持って楽しめる

盆栽カフェとはなかなかユニークですが、一体どのようなカフェになっているのでしょうか。

噂によると店内には盆栽が100種類ほど置かれていて、盆栽を眺めながらコーヒーやスイーツを楽しむことができる空間になっているのだそう。

ご主人は丁寧に小品盆栽を紹介して頂き、本当に勉強になりました。また、手作りの美味しい珈琲とケーキまでも頂き、大満足でした引用元:小品盆栽 季の風

丁寧に入れてくださる珈琲と手作りケーキでもてなしてくださる奥様、何度お邪魔しても飽きないとてもステキなお店です引用元:小品盆栽 季の風

口コミも良く、店主である木村拓哉さんの父親の人柄が素晴らしいと絶賛されています。

動画からも木村秀夫さんはじめ、お客さんの熱心さやこだわりが見受けられますね。

まとめ:【画像】木村秀夫は木村拓哉の父親?キムタク父の職業は盆栽カフェの店の場所?写真集?家族構成や両親出身地を紹介

いかがでしょうか。

今回の記事は【画像】木村秀夫は木村拓哉の父親?キムタク父の職業は盆栽カフェの店の場所?写真集?家族構成や両親出身地を紹介についておつたえしました。

キムタクは、自分が育った家族を“反面教師”にしているのかもしれません。

彼なりに方子さんの変調に気付いていて、静香の意思意見を尊重するのも妻に寄り添うという姿勢の現れだと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
芸能と音楽をを追求しつづけるメディアです。東京都内に住んでいます。アネックといいます。
子供の頃から芸能・音楽・テレビっ子でした。ですので昔の芸能音楽や芸能の知識は自信があります。好きな芸能ニュースに自分の見解をいれますので意見もいただけますと幸いです。今だけでなく昔の芸能もお伝えして楽しんでいただければと感じます。とくに皆さんが興味をもってもらえるような懐かしい気持ちに浸れるメディアとしたいと考えています。

目次

コメント

コメントする

目次