MENU

【ラウール早稲田なぜ】大学一般慶応落ちた?勉強法!学部!頭いいが推薦?大学何年生?休む退学は?英語喋れる

【ラウール早稲田なぜ】大学一般慶応落ちた?勉強法!学部!頭いいが推薦?大学何年生?休む退学は?英語喋れる

Snow Manのラウールは、早稲田大学人間科学部健康福祉科学科の通信制課程への進学が公表されています。


Snow Manの仕事で忙しいはずですが、面接や推薦で入学したのでしょうか。

ラウールが学問に熱心であることは自らの選択であり、所属事務所も応援しているようですね。

慶應義塾大学のAO入試に挑戦したという話も聞かれますが、その事実は定かではなく、単なる憶測に過ぎないのですが、理由をお伝えします。

アネクス

今回の記事ではラウールはなぜ早稲田大学で賢い頭いい?学部面接推薦!英語が喋れる?勉強法!慶応について御伝えします。

ラウールのプロフィール

項目内容
名前ラウール
本名村上 真都 ラウール
生年月日2003年6月27日
年齢20歳
出身地東京都
身長192 cm
血液型A型
職業アイドル、タレント、ファッションモデル
所属事務所SMILE-UP.(旧ジャニーズ事務所)
主な作品映画『ハニーレモンソーダ』
受賞第34回 日本ジュエリーベストドレッサー賞 10代部門
目次

【ラウール早稲田なぜ】村上舞都の大学・学部!推薦?大学何年生?

ラウールの高校はどこだった?勉強法!

ラウールは、2019年4月に日本大学第一高校に進学したという情報がありました。ですが、日本大学第一高校を卒業したわけではなく入学後すぐに転校しました。

八潮学園にかよっていたとの噂もありましたが、日本大学第一高校です。

日本大学第一高校は墨田区にある私立の共学校です。早慶やGMARCH等有名私立への進学者も多い事でも知られている学校です。

「みんなの高校情報」というサイトで、日本大学第一高等学校を検索すると、在籍していた有名人の記載がされています。そこにラウールの名前も載っていました。

ラウールは、テストもずっと学年のトップクラスで、通知表もオール5、数学のテストでは100点取ったって報告してたこともあります。

何かとっておきの勉強法があるのでしょうか?もしくは元々頭が良いのでしょうか?
どちらにしても羨ましいですね(笑)

ラウールは早稲田大学?

ラウールは、舞台「滝沢歌舞伎ZERO」の初日を迎えた2022年4月6日、大学に進学したことが明かされました。

SnowManの活動が多忙の中、受験勉強もしていたなんて本当に凄いです!

ラウールは早稲田大学?

大学は早稲田大学人間科学部健康福祉科学科(通信教育課程)

慶応という噂もありますが、それは櫻井翔ですね。

頭もよくて顔もよくて、身長も高いなんて素晴らしいですね!

https://twitter.com/sixsnomomo/status/1511837676340613120?s=20&t=vlZTGkzFegXIufnL7g3ddA

ラウールの通信制大学は面接?推薦?大学何年生?

ラウールさんの出身高校は堀越高等学校で、2022年3月に卒業しました。

現在ラウールは2024年で早稲田大学1年生です。2024年4月から2年生になります。

ラウールが早稲田大学人間科学部健康福祉科学科のe-school(通信教育)に進学しています。

通信制大学では書類審査のみで入学できる場合が多いですが、早稲田大学人間学部eスクールは入試があります。よって面接はありません。

早稲田大学の通信は「eスクール」の名の通り、ほとんどの課程をeラーニングで行うことが出来る日本最初の通信教育課程です。KAT-TUNの中丸さんが通っていたことでも話題になりました。

入試には、3,000字程度の「志望動機書」を提出する必要があります。この志望動機書が合格になった人のみ、二次試験の面接があります。二次試験に合格してようやく入学することができます。推薦でもありません。

学校HPに掲載されているデータをみると、一次選考二次選考を合わせた倍率は1.3~2.0、平均すると1.6倍ほどとなっています。

しっかり入学に向けて努力していたことが分かりますね。

【ラウール早稲田なぜ】慶応大学や一般落ちた?休む退学は?

ラウールはなぜ早稲田大学で賢い頭いい?学部面接推薦!英語が喋れる?勉強法!慶応

ラウールは一般入試は落ちた?

ラウールが一般入試で不合格だという話も推測の範囲でしかなく、事実かは不明です。

大学入試は厳しい競争が伴い、多くの優秀な受験生も合格できないこともしばしばです。

特別枠で芸能人を受け入れる場合もあれば、才能も通常の入試基準として評価されることもあります。

家系の名声が入試結果に影響を及ぼすことも一般的ではありません。

入試は学力や個人の資質に注目し、家庭環境は考慮されないことがほとんどです。

そうした中で、ラウールの進学先や入試結果に関しては公式な発表を待つ必要があるものの、彼が早稲田大学人間科学部のe-schoolにて学んでいます

ラウールは慶応落ちた?

2021年12月12日に宮城県で開催されたSnowManのコンサート中、ラウールさんが「高校の用事」で約30分ステージを離れたことが話題になりました。

一部の大学では特別な枠を設けて芸能人を受け入れることがありますが、それが慶應義塾大学にも存在するかは不明です。

 この出来事がファンの間でラウールは慶應義塾大学理工学部のAO入試に関連すると噂されるようになったのです。

 その日には慶應のAO入試二次選考が予定されており、このタイミングからラウールが入試を受験したのではないかとの推測が流れています。

ラウールと同じように芸能活動と並行して学業を進めるために、夜間や通信教育を選択する芸能人は多いです。
また、慶應義塾大学については、通信教育課程が存在します。

また、夜間スクーリングという形で、毎年10月上旬から翌年1月上旬までの12週間(土曜日・日曜日を除く)、月曜日から金曜日の18:20から20:05まで授業が開講されています。

下記の知恵袋にも噂が立っています。

SnowManのラウールくんが慶應義塾大学理工学部のAO入試を受けたという噂があるのですが本当ですか?

引用元:ラウール慶応落ちた?(YAHOO知恵袋)

ただ、一つ言えることは、ラウールが慶應義塾大学に落ちて早稲田大学を考えているという情報はありません。

一部のファンが考えた妄想と考えています。

多くの受験生は、自分が進学したいと考える複数の大学を受験します。

これは、一つの大学にしか受けないというリスクを避けるため、または自分の選択肢を広げるためです。

のような一般的な受験生と同じように、複数の大学を受験した可能性があります。ただし、これはあくまで推測の範囲となります。

ラウールは大学を休むの?退学?

ラウールさんが学業に集中したいとの考えはあると報道されていました。それが大学を休むや退学になっているとおもわれます。

ただし、ラウールが大学を退学して、Snow Manの活動からの離脱ではありません。

さらに、ラウールさんが所属事務所に学業への意欲を伝え、サポートを受け入れられたとの報道もあります。

ラウールさんの学業への専念がグループ脱退を意味するものではないと判断できます。

「ラウールさんによれば、学業を優先させたいため、自らの意思で事務所と掛け合い、卒業を決めたとのこと。19歳のラウールさんは今年4月に早稲田大学人間科学部・健康福祉科学科の通信教育課程(eスクール)に入学したばかり。

引用元;ラウールは大学を休むの?退学?(日刊サイゾー)

ラウールは早稲田大学だし英語喋れる

ラウールはスペイン語は喋れないが英語は喋れる?勉強法や時間と発音

ラウールは父親がベネズエラ人で日本人とのハーフです。

ベネズエラの母国語はスペイン語ですが、ラウールはスペイン語は全く喋れないそうです。

その反面、英語は得意との噂があり、前は毎日7時間も勉強していたこともあるようです。

以前ラウールは「英語を使って食レポ」というコンビニの企画にチャレンジした際は、SixTONESの英語が話せるハーフ・ジェシーと対決もしていました。

ラウールの英語の発音は、アクセントがアメリカっぽいものとイギリスっぽいものがある気がします。

彼は頭が良い上に努力家で、なんでも吸収できる力がありますよね。
これも生まれ持った才能の一つですね。

まとめ:【ラウール早稲田なぜ】大学一般慶応落ちた?勉強法!学部!頭いいが推薦?大学何年生?休む退学は?英語喋れる

いかがでしょうか。

ラウールはなぜ早稲田大学で賢い頭いい?学部面接推薦!英語が喋れる?勉強法!慶応についてお伝えしました。

ラウールは頭がいいのは間違いないです。

大学に行くと将来芸能界でもキャスターなどの道が増える例もあり、活躍の幅も広がりますね。

ハイブリットなラウールの、今後の芸能界での活躍にも期待です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
芸能と音楽をを追求しつづけるメディアです。東京都内に住んでいます。アネックといいます。
子供の頃から芸能・音楽・テレビっ子でした。ですので昔の芸能音楽や芸能の知識は自信があります。好きな芸能ニュースに自分の見解をいれますので意見もいただけますと幸いです。今だけでなく昔の芸能もお伝えして楽しんでいただければと感じます。とくに皆さんが興味をもってもらえるような懐かしい気持ちに浸れるメディアとしたいと考えています。

目次

コメント

コメントする

目次