MENU

【西野七瀬の実家は金持ち】住所特定場所はアリオ八尾?親戚を調査

【西野七瀬の実家は金持ち】住所特定場所はアリオ八尾?親戚を調査

西野 七瀬(にしの ななせ、)は、日本の女優、ファッションモデル、タレントであり、女性アイドルグループ・乃木坂46の元メンバーです。

大阪府大阪市出身。身長159 c。血液型はO型。乃木坂46合同会社所属。愛称は、なぁちゃん、ななせまるです。

アネクス

今回の記事では【西野七瀬の実家は金持ち】住所特定場所はアリオ八尾?親戚は?についてお伝えします。

西野七瀬のプロフィール

項目詳細
名前西野七瀬(にしの ななせ)
生年月日1994年5月25日
出身地日本・大阪府大阪市
身長159 cm
血液型O型
職業女優、ファッションモデル、タレント
活動期間2011年 –
所属事務所乃木坂46合同会社
目次

【西野七瀬の実家は金持ち】住所特定なの?場所は

西野七瀬の実家は金持ち?

1994年(平成6年)5月25日、大阪府に生まれるました。西野七瀬さんは幼少期の頃から大人しく絵を描くのが好きな女の子だったそうです。西野さんのために小学生の頃お父さまは万年筆を買ってあげたそうです。

その万年筆がとても高かったことから実家は金持ちとでているようです。

お金持ちであるとしたらお父さんの情報が関係するとおもいますが、一般人のため公開されていません。ただ、ナインティナインの岡村に似ているようです

実家の場所は?住所の特定?

アネクス

西野七瀬さんは大阪市平野区の長良小学校を卒業したといわれています。

よって実家は大阪市平野区といわれています。平野区は、大阪市を構成する24行政区のうちの一つで、人口が最も多いです。

平野区の出身有名人になります。現在、全般的には住居地域として色合い平野区です。

西野七瀬さんが住んでいた南部の喜連・瓜破・長吉地域は市営住宅や中高層住宅が建つ比較的新しい町並みの中に農地や遺跡が存在します。

 中央部の平野地域は古い家々と多数の神社・仏閣が存在する町並み、北部の加美地域は工業地区としての性格を有する町並みなどバラエティーに富んでいます。 平野区人口は196,299人です。

項番名前職業
1笑福亭鶴瓶落語家、タレント
2笑福亭鶴光落語家、タレント
3笑福亭晃瓶落語家、タレント
4林家染二落語家
5服部良一作曲家
6松岡由貴声優
7はるな愛ニューハーフタレント

西野七瀬の実家は金持ちだがアリオ八尾

西野七瀬の実家は金持ちだがアリオ八尾

西野七瀬ってアリオ八尾で働いていた?

西野七瀬ってアリオ八尾で働いてたと噂があります。『アリオ八尾』は 2006 年 11 月に開業しています。アリオ八尾は、大阪府八尾市に所在する複合商業施設です。

よって西野七瀬が平野区でうまれていたとたのですが、平野区は大阪市の東南部に位置し、東は八尾市があります。働いていた可能性はありますよね。

関連記事は下記となります。

実家の近くには藤井兄弟がすんでいる

西野七瀬ちゃんと元e-girlsの藤井萩花は小中学で同級生でした。ミュージックステーションでも共演しています。

 西野七瀬の実家は金持ちで親戚は?

 西野七瀬の実家は金持ちで親戚は?

西野七瀬の実家には親戚は高山梨子がよくきていた

アネクス

西野七瀬は従姉妹は高山梨子です。

高山 梨子(は、NMB48の元研究生。大阪府出身です。

項目詳細
名前高山梨子(たかやま りこ)
生年月日2000年1月12日
出身地日本・大阪府
所属グループNMB48
期生デビューNMB48 3期生

オーディション応募のきっかけ。「お母さんが「応募してみる?」って言ってきたからなんです。

NMB48って調べてみて、ブログとかを見て、「木下百花さんのブログおもしろいなー、自分が入ったらどうなるんやろ」とか思って、挑戦してみようかな、って」もうしこんだようです。

まとめ:【西野七瀬の実家は金持ち】住所特定場所はアリオ八尾?親戚は?

いかがでしたでしょうか。

今回の記事は【西野七瀬の実家は金持ち】住所特定場所はアリオ八尾?親戚は?についておつたえしました。

西野七瀬の実家は金持ちや実家にまつわるお話を説明いたしました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
芸能と音楽をを追求しつづけるメディアです。東京都内に住んでいます。アネックといいます。
子供の頃から芸能・音楽・テレビっ子でした。ですので昔の芸能音楽や芸能の知識は自信があります。好きな芸能ニュースに自分の見解をいれますので意見もいただけますと幸いです。今だけでなく昔の芸能もお伝えして楽しんでいただければと感じます。とくに皆さんが興味をもってもらえるような懐かしい気持ちに浸れるメディアとしたいと考えています。

目次

コメント

コメントする

目次